Topトップへ

カテゴリー別アーカイブ: 卓球

卓球部 6名が全日本出場!

 平成30年度10月6日~8日、苫小牧市総合体育館にて「平成30年度北海道卓球選手権大会~一般・ジュニアの部~ 兼 全日本予選会」が行われました。

 男子ジュニアで安達朋晶君(2年)、女子ジュニアで桜庭有花さん(2年)、寺西沙莉奈さん(1年)がそれぞれベスト8に入り、代表を獲りました。女子シングルスでは大学・社会人の選手を次々と破り、後木玲奈さんがベスト4、杉渕栞さんがベスト8で代表となりました。また、混合ダブルスでも杉渕栞さん・奥住祐太組がベスト4に入り、4種目で6名の選手が全日本選手権大会(1月14日~20日:大阪府)に出場します。

全日本でも上位を目指して頑張りますので、ご声援よろしくお願いします!

 

≪結果≫

男子ジュニア  ベスト8  安達朋晶 ※全日本出場

        ベスト16  山本佑真(2年)、奥住祐太、清水祥喜(1年)

女子ジュニア  ベスト8  桜庭有花(2年)、寺西沙莉奈(1年) ※全日本出場

        ベスト16  田村美葉(1年)

男子シングルス ベスト16  宮村銀志(1年)

女子シングルス 3  位    後木玲奈(3年)※全日本出場

        ベスト8  杉渕 栞(3年)※全日本出場

        ベスト16  桜庭有花(2年)

混合ダブルス  3 位   奥住祐太・杉渕栞(1年・3年)※全日本出場

エースペアが快挙!

 8月3日(木)~8日(水)、愛知県豊田市にてインターハイ卓球競技が行われました。

  出場全種目において本校の活躍が目立った大会でした。特に女子ダブルスでは北海道大会を2連覇した後木玲奈さん・杉渕栞さん(ともに3年)ペアが、強豪を立て続けに破り、5位入賞を果たす快挙を達成しました!

  皆さんのご声援、本当にありがとうございました!

 

≪結果≫

(女子学校対抗)

1回戦 駒大苫小牧3-1明豊(大分)

2回戦 駒大苫小牧1-3リベルテ(大阪)

 

(男子ダブルス)

1回戦 姉崎友樹・山本佑真(3年・2年)0-3 岸田・西(上宮・大阪)

2回戦 安達朋晶・奥住祐太(2年・1年)3-1 番条・西山(白子・三重)

3回戦 安達朋晶・奥住祐太 2-3 月舘・加藤(日大豊山・東京)

 

(女子ダブルス)

1回戦  鈴木亜依・寺西沙莉奈(2年・1年)3-2太田・遠藤(北越・新潟)

     小森愛佳・桜庭有花(3年・2年)3-1安田・石崎(開新・熊本)

2回戦  後木玲奈・杉渕 栞(ともに3年)3-1出澤・小林(大成女子・茨城)

     鈴木亜依・寺西沙莉奈 0-3 中谷・上野(粉河・和歌山)

     小森愛佳・桜庭有花 1-3 野方・村上(浜松修学舎・静岡)

3回戦  後木玲奈・杉渕 栞 3-2 藤田・原田(横浜隼人・神奈川)

4回戦  後木玲奈・杉渕 栞 3-2 板花・中田(愛み大瑞穂・愛知)

準々決勝 後木玲奈・杉渕 栞 0-3 出雲・相馬(遊学館・石川)

 

(男子シングルス)

1回戦  姉崎友樹 0-3 佐藤(松徳学院・島根)

     山本佑真 1-3 下田(開新・熊本)

 

(女子シングルス)

1回戦  小森愛佳 0-3 松島(御影・兵庫)

2回戦  後木玲奈 3-0 泉田(進徳女子・広島)

     杉渕 栞 3-2 川本(山陽女子・岡山)

3回戦  後木玲奈 3-1  何 (明秀日立・茨城)

     杉渕 栞 0-3 出澤(大成女子・茨城)

4回戦  後木玲奈 0-3 岡崎(川口市立・埼玉)

 

 

優勝した杉渕さん

卓球部 杉渕栞さんが優勝!

 「第73回国民体育大会卓球競技 北海道予選会」が6月29日(金)~7月1日(日)、北広島総合体育館で行われ、少年女子の部で杉渕栞さん(3年)が優勝し、2年連続の代表となりました。杉渕さんは予選トーナメントを勝ち抜くと、決勝リーグではライバルである札幌大谷高勢に全勝し、6勝1敗という素晴らしい成績を残しました。
 また、成年女子では1位鎌田那美さん(H27年度卒 現早稲田大)、2位藤尾真結さん(H28年度卒 現日体大)、3位岡れいささん(H22年度卒 現JR北海道)と代表を本校卒業生が独占し、成年男子でも厚谷武志さん(H23年度卒 現信号器材)が優勝しました。

 本大会は9月29日~10月2日、福井県敦賀市で行われます。
 ご声援の程、よろしくお願いします!

≪結果≫

(少年女子)

1位 杉渕 栞(3年) 6勝1敗 ※2年連続2回目の代表

4位 後木玲奈(3年) 4勝3敗

6位 桜庭有花(2年) 3勝4敗

7位 小森愛佳(3年) 3勝4敗

(少年男子)

6位 小森大輔(3年) 3勝4敗

7位 姉崎友樹(3年) 3勝4敗

 

優勝した杉渕さん   活躍した卒業生と一緒に!

 

 

 

 

 

卓球部 女子学校対抗、悲願の初優勝!!

 6月19日(火)~22日(金)、名寄市スポーツセンターにおいて「平成30年度 第71回北海道高等学校卓球選手権大会 兼 第87回全国高等学校卓球選手権大会北海道予選会」が行われ、本校卓球部が大活躍をみせました。
 女子学校対抗では、女子部発足10年目にして悲願の初優勝を飾りました。
 この女子学校対抗優勝を皮切りに、個人戦では「駒澤旋風」が巻き起こり、多くの代表を獲りました。女子ダブルスでは2年連続で代表3組を独占し、男子ダブルスでは本校としてこの種目初の優勝を飾りました。
 この大会での3種目制覇は本校初の快挙です。
 インターハイは8月3日(金)~8日(水)、愛知県豊田市でおこなわれます。上位進出を目指して頑張りますので、ご声援の程よろしくお願いします!

 

 

≪結果≫ ※インターハイ出場分

(女子学校対抗)※初優勝(5年連続9回目の出場)

決 勝  3-2 札幌大谷

(男子シングルス)

3 位  山本佑真(2年)

5 位  姉崎友樹(3年)

(女子シングルス)

2 位  後木玲奈(3年)

3 位  杉渕 栞(3年)

3 位  小森愛佳(3年)

(男子ダブルス)

優 勝  安達朋晶・奥住祐太 (2年・1年)※初優勝

3 位  姉崎友樹・山本佑真 (3年・2年)

(女子ダブルス)

優 勝  後木玲奈・杉渕 栞 (ともに3年)※2年連続2度目の優勝

2 位  鈴木亜依・寺西沙莉奈(2年・1年)

3 位  小森愛佳・桜庭有花 (3年・2年)

 

卓球部 全種目制覇!

 5月16日~18日、伊達市総合体育館にて「第71回北海道高等学校卓球選手権大会 室蘭支部予選会が行われ、本校卓球部が全種目制覇を達成しました。
 学校対抗では男女ともすべてストレート勝ちで優勝、個人戦でもほぼ代表枠を独占する圧倒的な強さを見せるなかで、男子は姉崎友樹君(3年)、女子は後木玲奈さん(3年)が三冠王となりました。
 全道大会(6月19日~22日、名寄市)でも、優勝目指して頑張ります!
 ご声援のほど、よろしくお願いします!

 主な結果は以下の通り。

 

【男子学校対抗】 

 準決勝 駒大苫小牧 3-0 伊達緑丘

 決 勝 駒大苫小牧 3-0 苫小牧東

【女子学校対抗】

 準決勝 駒大苫小牧 3-0 苫小牧南

 決 勝 駒大苫小牧 3-0 苫小牧東

【男子ダブルス】

 優 勝 姉崎友樹・山本佑真(3年・2年)

 準優勝 安達朋晶・奥住祐太(2年・1年)

【女子ダブルス】 

 優 勝 後木玲奈・杉渕 栞(ともに3年)

 準優勝 鈴木亜依・寺西沙莉奈(2年・1年)

【男子シングルス】

 優 勝 姉崎友樹(3年)

 準優勝 山本佑真(2年)

【女子シングルス】

 優 勝 後木玲奈(3年)

 準優勝 杉渕 栞(3年)

 

大会終了後学校で撮影

卓球部、強豪相手に健闘!

 「平成29年度 第45回全国高等学校選抜卓球大会」が3月25日~28日、福井県営体育館にて行われ、本校卓球部が男子は2年連続9回目、女子が9年連続9回目の出場を果たしました。
 男子は初戦の秋田商業戦を0-2から逆転で勝利すると勢いに乗り、決勝トーナメント進出をかけた福井商業との対戦でもトップの安達朋晶君(1年)が0-2からセットオールジュースで勝ち、1-2と追い込まれた4番でも小森大輔君(2年)が0-2から2-2に追いつきましたが惜しくも敗れました。
 女子は初戦で昨年度選抜・インターハイベスト16の聖和学園と対戦。1-1で迎えた勝負のダブルスを後木玲奈さん・杉渕栞さん(ともに2年)ペアがストレートで完勝し、4番の杉渕さんは0-2と追い込まれ、どのセットもリードされる苦しい試合でしたが逆転で勝利しました。2戦目は決勝トーナメント進出をかけて、インターハイ3位・今大会準優勝となった遊学館に挑戦しました。キャプテン・後木さんが相手を圧倒し、幸先良いスタートを切りましたが勝負のダブルスが勝てず、1-3で敗れました。
 今大会は逆転勝ちが多く、敗れた試合も最後まで食い下がる、駒苫らしい粘り強い戦いができました。男女とも決勝トーナメント進出はなりませんでしたが、全国の強豪相手に善戦できたことは夏に向けて大きな自信となりました。
 インターハイでは更に上位を目指して頑張りますので、今後もご声援を宜しくお願いします!

 

≪結果≫

【男子学校対抗】 予選リーグ2勝1敗で2位

3-2 秋田商業(秋田)

3-1 報徳学園(兵庫)

1-3 福井商業(福井)

【女子学校対抗】 予選リーグ1勝1敗で2位

3-1 聖和学園(宮城)

1-3 遊学館 (石川)

 

 

 

大会終了後学校で撮影

卓球部 全国選抜大会 男子2年連続8回目、女子9年連続9回目の出場決定!!

 「平成29年度 第45回北海道高等学校選抜卓球大会 兼 第45回全国高等学校選抜卓球大会北海道予選会」が12月15日(金)~18日(月)、小樽市総合体育館にて開催され、本校からは男女学校対抗、男子ダブルス4組、女子ダブルス3組が出場しました。
 ダブルスでは男女ともベスト4に3組入る健闘を見せるなかで、女子の後木・杉渕組が優勝しました。
 男子学校対抗は苦しい試合を切り抜け準優勝、女子も札幌大谷高校に対してダブルスとラストを取り、あと一歩まで追い詰めましたが敗れ、準優勝に終わりましたが、男女とも全国大会出場を決めました。
 全国大会は3月25日(日)~28日(水)、福井県福井市で行われます。
 上位進出目指して頑張りますので、ご声援の程よろしくお願いします。

 

≪結果≫

(男子ダブルス)

準優勝 姉崎友樹・山本佑真(2年・1年)

3 位 小森大輔・安達朋晶(2年・1年)

3 位 田村敬汰・秦 大翔(ともに2年)

 

(女子ダブルス)

優 勝 後木玲奈・杉渕 栞(ともに2年)

3 位 入江まりん・鈴木亜依(ともに1年)

3 位 小森愛佳・桜庭有花(2年・1年)

 

(男子学校対抗)

決勝リーグ2勝1敗 準優勝

    駒大苫小牧3-2函大有斗

    駒大苫小牧3-0札幌龍谷

    駒大苫小牧0-3北科大

 

(女子学校対抗)

決勝リーグ2勝1敗 準優勝

    駒大苫小牧3-0札幌龍谷

    駒大苫小牧3-0札幌光星

    駒大苫小牧1-3札幌大谷

 

 

 

北海道高等学校選抜卓球大会室蘭支部予選会 結果報告!!

 11月11日(土)、18日(土)の両日、苫小牧市川沿公園体育館および室蘭市体育館にて「平成29年度 北海道高等学校選抜卓球大会室蘭支部予選会」が行われました。
 学校対抗は新チームになって初めての団体戦でしたが、男女とも危なげなくオールストレートでの優勝となりました。
 また、個人戦ダブルスでも男子は小森大輔君(2年)・安達朋晶君(1年)、女子は後木玲奈さん(2年)・杉渕 栞さん(2年)の両ペアが圧倒的な強さを見せ、優勝しました。
 全道大会は12月15日(金)~18日(月)、小樽市総合体育館にて行われます。
 男女アベック優勝を目指して頑張りますので、ご声援の程よろしくお願いします!

 

≪結果≫

・男子学校対抗優勝 

・女子学校対抗優勝

・男子ダブルス 

 優勝 小森大輔・安達朋晶(2年・1年)

 2位 田村敬汰・秦 大翔(ともに2年)

 3位 姉崎友樹・山本佑真(2年・1年)

 4位 髙澤龍星・宇出津亜玖瑠(2年・1年)

・女子ダブルス

 優勝 後木玲奈・杉渕 栞(ともに2年)

 2位 小森愛佳・桜庭有花(2年・1年)

 4位 入江まりん・鈴木亜依(ともに1年)

 

※以上の種目・選手が全道大会出場

 

卓球部 北海道卓球選手権大会 結果報告!

 10月7日~9日、釧路湿原の風アリーナにおいて「平成29年度北海道卓球選手権大会 ~一般・ジュニアの部~ 兼 全日本予選会」が行われました。
 本校卓球部からは総勢27名が出場し、7名が全日本卓球選手権大会(1月15日~21日・東京体育館)への出場権を獲得しました。
 男子では姉崎友樹君(2年)と小森大輔君(2年)が同士討ちによる決勝もあるかと思われましたが、準決勝でともにセットオール9本で敗れました。しかし、揃っての3位入賞は立派です。杉渕栞選手(2年)はジュニアではベスト8で敗れましたが代表を獲り、シングルスでは全道高校1位の選手や大学・社会人のトップ選手を破り、決勝戦では岡れいささん(JR北海道。H22年度本校卒業)にあと一歩と迫る準優勝と大躍進を遂げました。後木玲奈さん(2年)もジュニアでは準決勝でセットオールで敗れ3位、シングルスでは代表は逃したもののベスト16に入り、代表決定戦では先述の高校1位の選手を破る健闘をみせました。
 全日本でも上位を目指して頑張りますので、ご声援よろしくお願いします!

 

結果は以下の通りです。

 

(男子ジュニア)

姉崎友樹(2年) 3位

小森大輔(2年) 3位

(女子ジュニア) 

後木玲奈(2年) 3位

杉渕 栞(2年) ベスト8

小森愛佳(2年) ベスト8

(女子シングルス)

杉渕 栞(2年) 2位

(女子ダブルス)

明 樹菜・山田愛里(ともに3年) 2位

後木玲奈・杉渕 栞(ともに2年) 3位

 

卓球部インターハイ大健闘!!

 インターハイが728日~82日、福島県郡山市にて行われ、本校卓球部が男女とも出場しました。
 
2年ぶり10回目の出場となった男子学校対抗は1回戦でれいめい(鹿児島)に安住幹広君(3年)、松井琉聖君(3年)の両エースが勝ち、ラストで小森大輔君(2年)がセットオールジュースという大激戦を制し、3年ぶりに初戦を突破しました。2回戦では新潟産大附(新潟)戦でも両エースの活躍でラストまでもつれましたが、ダブルスが2-0から逆転で敗れたのが響き、ラストも大接戦で敗れ、2-3で惜しくもベスト16入りを逃しました。
 
4年連続8回目の出場となった女子学校対抗は1回戦で関東3位の吾妻(群馬)に3-2で勝ち、今大会2位となった明徳義塾(高知)に0-3で敗れたものの、1番荻野晶さん(3年)とダブルスの後木玲奈さん・杉渕栞さん(ともに2年)が1セット奪い、2番の後木玲奈さんは四国1位の選手にセットオールと、優勝候補相手に食い下がりました。
 
3ペアが出場した女子ダブルスでは、北海道チャンピオンとして上位進出が期待された後木・杉渕組が2回戦をセットオールジュースで勝ちましたが、3回戦は2-3で敗れ、ベスト32に終わりました。
 
シングルスでは後木玲奈さんが優勝した梅村選手(四天王寺)と接戦を演じ、来年に向けて大きな自信となりました。

 たくさんのご声援ありがとうございました!

 

≪結果≫

(男子学校対抗) 

1回戦 駒大苫小牧 3-2 れいめい(鹿児島)

2回戦 駒大苫小牧 2-3 新潟産大附(新潟)

 

(女子学校対抗) 

1回戦 駒大苫小牧 3-2 吾妻(群馬)

2回戦 駒大苫小牧 0-3 明徳義塾(高知)

 

(女子ダブルス) 

1回戦 荻野晶・小森愛佳(3年・2年) 0-3 上野・中谷(粉河・和歌山)

    明樹菜・山田愛里(ともに3年) 3-2 山口・岡本(佐賀商業・佐賀)

2回戦 明樹菜・山田愛里(ともに3年) 2-3 佐藤・工藤(五所川原商・青森)

    後木玲奈・杉渕栞(ともに2年) 3-2 李 ・冨田(鎮西学院・長崎)

3回戦 後木玲奈・杉渕栞(ともに2年) 2-3 鈴木・黒野(武蔵野・東京)

 

(男子シングルス)

1回戦 松井琉聖(3年)1-3 刘(日南学園・宮崎)

 

(女子シングルス)

1回戦 後木玲奈(2年)3-0 小林(郡山女大附・福島)

2回戦 後木玲奈(2年)0-3 梅村(四天王寺・大阪)

    明 樹菜(3年)2-3 中島(奈良女子・奈良)