Topトップへ

カテゴリー別アーカイブ: 卓球

卓球部鎌田さん 国民体育大会へ

DSC_0937

第70回国民体育大会卓球競技 北海道予選会

平成27年7月3日(金)~7月5日(日)

帯広市総合体育館

 

(主な成績)

少年男子

4位 赤石  凌

6位 坂本 千隼

7位 宮本 直人

 

少年女子

2位 鎌田 那美(代表)

5位 髙 菜津美

6位 藤尾 真結

7位 菅野 志穂

 

 少年女子の鎌田那美さんが決勝リーグ6勝1敗で2位となり、

9月26日(土)~9月30日(水)に和歌山県白浜町で行われる

本大会の代表に選ばれました。

 優勝目指して頑張りますので、ご声援の程よろしくお願いします!

卓球部 大会史上30年ぶりの快挙!!

001

「平成27年度 第68回北海道高等学校卓球選手権大会
  兼 第84回全国高等学校卓球選手権大会北海道予選会」

平成27年6月23日~6月26日 道立北見体育センター

男子学校対抗 準優勝
準決勝 駒大苫小牧3-0札幌龍谷
決 勝 駒大苫小牧2-3尚志学園

女子学校対抗  準優勝
準決勝 駒大苫小牧3-1札幌龍谷
決 勝 駒大苫小牧1-3札幌大谷

男子シングルス
優勝 宮本直人(3年)
5位 定塚僚汰(3年)
5位 松浦裕生(3年)

女子シングルス
優勝 藤尾真結(2年)
3位 鎌田那美(3年)

男子ダブルス
2位 赤石・宮本(3年・3年)

女子ダブルス
優勝 鎌田・君野(3年・3年)

以上の種目、選手がインターハイに出場します。 学校対抗は男女とも惜しくも準優勝でしたが、男子が9年連続9回目、女子が2年連続6回目のインターハイ出場となりました。女子ダブルス初優勝、3種目制覇も本校初、男女シングルスアベック優勝は全道大会史上30年ぶりという快挙でした。 インターハイでも「駒澤旋風」を巻き起こしたいと思います。 ご声援のほど、よろしくお願いします!

「平成27年度全国高校総体卓球競技大会 第84回全国高等学校卓球選手権大会」
(8月9日~14日、滋賀県:滋賀県立体育館)

002003

卓球部鎌田那美さん 世界大会第3位入賞

im1_1432702275「タイ ジュニア&カデットオープン」(平成27年5月13日~5月18日 タイ・バンコク)に日本代表として出場した鎌田那美さん(3年)が団体、シングルスで3位入賞を果たしました!結果は以下の通り。

女子団体
予選リーグ
日本 3-0 タイB (3番:鎌田3-0LIMSILAJEERAKUL)
日本 3-0 インドネシア(3番:鎌田3-1DWI MEILINDA)
日本 1-3 チャイニーズタイペイ
準決勝
日本 0-3 タイA(2番:鎌田1-3KHETKHUAN ※シングルス優勝者)

女子ジュニアシングルス
予選リーグ
鎌田 3-0 SELVAKUMAR(インド 世界ランク391位)
鎌田 3-0 POUNGSRI(タイ 大会第13シード)
1回戦
鎌田 4-0 SRITAVARIT(タイ 大会第8シード)
2回戦
鎌田 4-2 AKULA(タイ 大会第5シード)
準々決勝
鎌田 4-3 LIN (チャイニーズタイペイ 大会第2シード 世界ランク185位)
準決勝
鎌田 2-4 PARANANG(タイ 大会第3シード)

鎌田那美さんのコメント
「初 めて国際大会に参加し、たくさんの素晴らしい経験をすることができました。団体戦では、準決勝という大事な試合で起用していただいたのに勝つことができ ず、日本が負けてしまい、大変悔しい気持ちと改めてその責任の重さを実感しました。その悔しさをぶつけようと臨んだシングルスでは自分の力をしっかりと発 揮することができました。特に、準々決勝では1-3でリードされたところから逆転できたことは、大きな自信になりました。準決勝も勝てる試合だっただけに 悔しいですが、初出場で3位という結果はとてもうれしいです。またこのような機会に選抜していただけるように努力していきたいと思います。まずは目の前に 迫ったインターハイ予選でチームの優勝に貢献できるように頑張ります!ご声援ありがとうございました!」

卓球部 全道大会へ

im1_1432702812

「平成27年度 第68回北海道高等学校卓球選手権大会 室蘭支部予選大会」
平成27年5月20日~5月22日 苫小牧市総合体育館

男子学校対抗  優勝
女子学校対抗  優勝
男子シングルス 優勝 松浦和広(3年 初優勝) 
2位 坂本千隼(3年)
女子シングルス 優勝 鎌田那美(3年 大会3連覇)
2位 君野彩花(3年)

男子ダブルス  優勝 赤石・宮本(3年・3年 大会2連覇)  
2位 定塚・井手(3年・2年)
女子ダブルス  優勝 菅野・ 明(3年・1年初優勝)  
2位 石井・山田(2年・1年) 

男 女とも学校対抗は危なげなく優勝。男子シングルスはこれまで全く優勝経験のなかった松浦(和)が初優勝。女子シングルスは鎌田が力の違いを見せつけて先輩 の岡に続いて史上2人目の3連覇。男子ダブルスは赤石・宮本が順当勝ちで2連覇。2位になった定塚・井手の健闘が光りました。女子ダブルスは菅野・明が優 勝。元気の良さと思い切ったプレーが目立ちました。
男女学校対抗、男子シングルス11名、女子シングルス7名、男子ダブルス6組、女子ダブルス5組が全道大会に出場します。

「第68回北海道高等学校卓球選手権大会 兼 第84回全国高等学校卓球選手権大会北海道予選会」(6月23日~26日、道立北見スポーツセンター)

ご声援のほど、よろしくお願いします!

im2_1432702812im3_1432702812

高体連前の夏季壮行会が行われました

im1_1431476887

 5月12日、高体連支部予選前の夏季壮行会が開催されました。

 副校長先生、校友会会長の激励に続き、各部の代表者から抱負が述べられました。最後に恒例となっているアイスホッケー部により、各運動部の生徒へ熱いエールが送られました。

 野球部は本日より春季支部大会の試合が始まり、他部は来週より大会が始まります。駒澤の名前が全道・全国に轟くよう、頑張ってほしいと思います!

im2_1431476887im3_1431476887

校章

卓球部 大会報告

「平成27年度苫小牧地区春季高校卓球大会」
5月4~5日 苫小牧市総合体育館

男子学校対抗  優勝
男子シングルス 
  優勝 坂本千隼
  2位 松浦和広
  3位 赤石 凌
      宮本直人

男子ダブルス  
  優勝 坂本・松浦(和)組
  2位 赤石・宮本組
  3位 大坂・加藤組
        
女子学校対抗  優勝

女子シングルス 
  優勝 鎌田那美
  2位 君野彩花
  3位 藤尾真結
      西谷 遥
女子ダブルス  
  優勝 鎌田・藤尾組
  2位 菅野・明組 
  3位 田中・三浦組
  3位 君野・西谷組

 学校対抗は男女とも危なげなく優勝。男子の松浦(和)の成長と女子の1年生の元気の良さが目立ちました。シングルスは男女ともベスト8を独占。上位4シードが安定して勝ち上がり、全道チャンピオンの坂本と鎌田が実力を見せつけ3種目制覇を果たしました。

卓球部 鎌田さん代表選出

im1_1428982482「鎌田那美 タイ ジュニア&カデットオープン出場」

平成26年度全国高校選抜春季卓球強化合宿(3月28日~31日)に本校から鎌田那 美さんが参加しました。この合宿では1月に行われた冬季合宿内でのリーグ戦の結果と、全日本選手権の結果によって選ばれた28名によるリーグ戦が行われ、 鎌田さんは8位と大健闘しました。その結果が評価され5月13日~18日にタイで開かれます「タイ ジュニア&カデットオープン」の代表に選ばれました。

 大会は団体、シングルス、ダブルスに出場予定です。ご声援よろしくお願いします!

卓球部 大会報告

im1_1428982358「平成27年度 第42回全国高等学校選抜卓球大会」
平成27年3月25日~28日
香川県高松市総合体育館

男子学校対抗 予選リーグ2位
1-3 希望が丘 (福岡)
3-2 高松中央 (香川)
3-1 木更津総合(千葉)

女子学校対抗 予選リーグ4位
3-0 奈良女子 (奈良)
0-3 明  誠 (島根)
1-3 長崎女子商(長崎)

男 子は3位になった希望が丘から1点を奪う健闘。その後の2試合も大接戦ながらも勝ち、北海道チャンピオンとしての意地をみせました。女子は中国1位の明誠 にインターハイベスト8の奈良女子が入り、大会屈指の混戦ブロックとなりました。結果的にリーグ1位となった奈良女子に3-0で勝ちましたが、後半勝負の オーダーで挑んだ明誠戦でエースの鎌田まで回せず、予選敗退という結果になりました。
ご声援ありがとうございました。