Topトップへ
学校案内パンフレットPDF

当校の特色

「仏教」の教えと
「禅」の精神に基づく教育

本校は、母体である駒澤大学の「建学の理念」を継承していますので、日常生活の中に、仏教の教えと禅の精神が生きています。

 全学年、講義と坐禅実習からなる宗教科目を履修。また、伝統豊かな宗教行事を通して、智慧と慈悲を備えた人格形成をめざしています。

日常生活の宗教行事

三帰礼文・・・朝、自分のその日の成長を願って唱えます。

五観の偈・・・お昼に心を落ち着け、食事への感謝を込めて唱えます。

outline-image001

 

教育の特色

進路や適性に合わせた2コース5系!!

生徒一人ひとりの夢や希望を実現させるため、目的に応じて選べる2コース5系を設置しています。
生徒の適性や希望する進路に合わせた指導を行い、充実した高校生活を可能にします。


特別進学コース

A特進系の特長

少人数制によるきめ細かな指導

生徒一人ひとりの能力に合わせた指導により、効果的に学力を伸ばします。生徒の学習意欲を高めながら、徹底した入試対策などで、現役合格をサポートします。

充実した学習環境

週38時間の授業を行い、十分な学習時間を確保しています。落ち着いて勉強に集中できる自習室や図書館も利用できます。同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨しながら、志望大学合格を目指します。

時間割(現1年生)

B特進系の特長

看護にも対応した幅広い学力を習得

大学進学へ向けた授業や生徒一人ひとりのレベルに合わせた特別講習などで、きめ細かく受験対策を実施。看護医療系にも対応した幅広い学力を身につけます。

部活動との両立で学校生活を充実

勉強と部活動の両立を目指します。部活動への取り組みを通しても、進路の幅を広げることができるよう指導します。

時間割(現1年生)

総合進学コース

総合系の特長

自主的に学ぶ意欲を高める

生徒が自分の能力や適性を知る手助けをし、進路を意識した学習ができるよう指導します。目標達成に向けて自主的に学ぶ意欲を高めていきます。

幅広い進路をサポート

「TSE(自動車教習講座)※」もしくは、さまざまな教養を身につける「文化教養講座」のいずれかを受講することで、幅広い進路に対応します。また、各種検定の受検料を補助(年3回)することにより資格取得をサポートします。
※TSE(自動車教習講座)
交通安全教育と自動車免許の取得を目標とした講座(TSE:Traffic Safety Education)

時間割(現1年生)

文化系の特長

芸術的資質と学力の向上を両立

美術・書道・吹奏楽の中から「専門文化」を履修し、芸術的資質と技能を磨きます。基礎学力の向上に取り組み、大学・専門学校などへの進学や就職を希望する生徒へのサポートを行います。

磨いた技量を発表する機会を設定

公募展への出品やコンクールへの出場のほか、展覧会や演奏会などそれぞれの成果を外部へ発表する機会も多く設け、技能向上を目指します。

時間割(現1年生)

体育系の特長

屋内施設で一年中トレーニングが可能

人工芝のグラウンドやウェイトトレーニング室など、天候や季節に関わらず、年間を通して十分なトレーニングができる環境が整備され、確実なレベルアップを実現しています。

勉強との両立により進路の幅を広げる

学力の向上にも取り組み、文武両道を目指します。スポーツの盛んな有名大学への進学や大手企業への就職など、進路選択の幅を広げることができます。

時間割(現1年生)

駒澤大学への優先入学制度

駒澤大学への附属推薦入学

附属推薦入学制度を利用して、駒澤大学に進学する生徒は「入学前準備教育」の受講が義務付けられており、大学で必要とされる学力を入学前にしっかりと身につけることができるため安心して大学生活をスタートできます。


駒澤大学進学希望者を対象とした出張模擬講義

駒澤大学との連携

駒澤大学専任教員による「出張模擬講義」を通じて最先端の研究に触れることで、自分の興味・関心・適性をしっかりと把握することができます。また、駒澤大学入学センター職員による「校内進学説明会」が開催されており、学部や学科の特色を十分に知ることができ、生徒自らの夢の実現に合わせた進路選択ができます。

総合大学ならではの教育システム

駒澤大学には7学部に17の学科があり、多彩な教育・研究を行っています。

今の東京を身近に感じられる好立地!

若者のまち渋谷まで電車で7分。講義の後や休日にさまざまな街を楽しめるのも駒澤ライフの魅力です。

奨学金制度

スポーツ・文化面において特に優秀な者や成績優秀者を対象に、独自の奨学金制度を設けています。学外の団体の奨学金制度も取り入れています。若い才能に万全の環境を提供します。

国際感覚を育てる留学制度

カナダ姉妹校への留学生を送り、また、海外からの留学生も受け入れています。