太祖降誕会 | 駒澤大学附属苫小牧高等学校

 11月21日(火)太祖降誕会が行われました。太祖・瑩山禅師は日本曹洞宗を全国に広め、教団の基礎を築かれました。校長講話では、瑩山禅師の「茶に逢うては茶を喫し、飯に逢うては飯を喫す(さにおうてはさをきっし、はんにおうてははんをきっす)」というお言葉に触れ、今やっていることに向き合うことの大切さを話されました。今年も残り二か月を切り、後期中間試験を迎えます。勉強に集中する環境も含め、計画的に取り組んでいきます。